弾け飛んで水野らむねのブログ

声やお芝居や食べ物とか。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● 本文:-○

2014*11*17 Mon
22:08

めがねこ


奥井建設株式会社PRESENT'S
ベストパフォーマー6 Rock you!
まくまけん『フジ・ロウドク・フェスティバル』
無事終えることかできました。

私は、めがねこという、
ちょっと変わった女の子を演じました。
写真はバーバラちゃんがたくさん撮ってくれました笑

友達のひげこのことが、
大好きで、大好きで、
どんなにあしらわれても、
無条件に、大好きっ!
っていう笑

ちょっと空気読めないテンションも、
もう、愛おしいよね、
うざいけど、可愛いよね、と
まくまけんのメンバーに言ってもらい、
思いきり演じる(いや、もしかしたら素の私もいたかも)ことができました。


初めて台本読んだときは、
え!これ、どうやっていったらいいの?!
と、正解を探したがる私には
かなり理解不能で、
とりあえず体当たりやーっていう感じで稽古に挑み、
めがねこがうまれました。


台本は本当衝撃で、
自分でどう演じたらいいか全く想像つかないものも多かったのですが、
まくまけんのみんなが、
個性的に仕上げていき、
うはーー、なんて面白いんだっ!
なっていきました。


そして本番!!
やっぱり、お客様いらっしゃっる劇場の空気は、
なんともいえないパワーを生み出してくれます。

大丈夫かな、とソワソワしていても、
もう舞台にでたら、
やるしかない、空気をここから生み出すしかない。

稽古では感じなかった、
お客さんの空気を知るんです。
一体になった時、たまらなく幸せになります。

今回は、主に笑いの共感でしたが、
予想以上に客席からの笑いがあり、
驚きながら、調子のらないように喜んでました笑

笑いがあったあとリラックスした脳に、
あのラストの朗読。


私は、いろんな人に、
大好きだよ、って伝えたくなりました。
私は、いきていくよーって叫びたくなりました。

素敵な台本、素敵なメンバーに出会えて幸せです。


まくまけんに携わったすべのみなさまに、
ありがとうございます。




水野らむね

スポンサーサイト
*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL


プロフィール

水野らむね(炭酸水?)

Author:水野らむね(炭酸水?)
プラネタリウムでのお昼寝がプチ贅沢。
声でやってみたいことがいっぱいです。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。