弾け飛んで水野らむねのブログ

声やお芝居や食べ物とか。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● 本文:-○

2014*05*13 Tue
22:22

愛おしい

舞台の稽古してると、
人についてとても考える。

考えはじめると、
小さなことで、
とても感激できるようになる。


素直にだしてくれた、
気持ちいい感情も
ちょっと嫌な感情も、
それに対して、
無邪気に反応する自分にも。


生きているということ。
谷川さんの詩を思い出す。

普段の私が1番共感するのは、
隠された悪を注意深く拒むこと。

お芝居の稽古中は、
もう詩の全て。



その人に隠された
優しい意味、みんなにわかってもらいたい可愛さ。

なんて愛おしいんだろう。



こんな考えを持てるようになった自分が、
嫌いじゃない。


お芝居していてよかった。



ただ、上手いか下手かは別っていう(ーー;)



さぁ、考えるんだ!
私が彼女を愛してるように、
みをなにも愛してもらえるように
表現を、探そう。



水野らむね

スポンサーサイト
*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL


プロフィール

水野らむね(炭酸水?)

Author:水野らむね(炭酸水?)
プラネタリウムでのお昼寝がプチ贅沢。
声でやってみたいことがいっぱいです。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。