弾け飛んで水野らむねのブログ

声やお芝居や食べ物とか。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● 本文:-○

2011*04*05 Tue
16:40

ちょっと昔の少女マンガ

真柴ひろみさんの「君だけに輝く」「瞳いっぱいの涙」を今日は読みました。

どちらも涙なしには読めないお話です。

「君だけに輝く」は、音楽を1番におく彼との恋模様。
夢を応援したい、けど、彼の1番は自分じゃなくて音楽。傷つくことは怖い、、、
彼の夢のために主人公のとった行動、それに対するアンサー。
なんてドラマッチクなんだろう!!

「瞳いっぱいの涙」は、人を大事に思うあまり、みんが嘘をついて、歯車が回りだしてしまいます。
その嘘がどこまで本当なのか、分からなくなって、でも昔の思い出だって信じたくって。
最後にとっておきのウソをプレゼントしてくれたのは、、、
歯車はきっと新しくまわりだす!!

ああああああ。文章力ないからうまくかけないです!
ブログをやることで、その辺りもうまくなっていきたいと思って、下手なりに書きました。
多分、このブログを読んでからこの本読んでも、
「あの記事となんかちが~う」って思われるかも・・・・^^;
逆もまたしかりで、この本を読んだことある人は
「こいつ何いってんだよ」って思うかも^ω^;
ま、いいや、とにかく読んだ気持ちを伝えたかったんだから!

どちらもかなり昔の少女マンガで、携帯電話とかある今じゃ考えにくいお話かもしれないけど、それでもググっと引き込まれてよんじゃうのは、今も昔も、恋する女の子の気持ちは似ている、ってことなんでしょうね。

最近では連載されてる人気コミックがアニメ化、ドラマ化していますが、こういいう昔のステキな作品でもやてもらいたいなー。お金になりにくいからだれもしないのかなー。。。

いつか、私が企画立ち上げれるようになったら、やってみたいな!
そのためにも、がんばらないと!!

真柴ひろみさんの「君だけに輝く」「瞳いっぱいの涙」はどちらも全2巻で、講談社漫画文庫より発売されています。
君だけに輝く (1) (講談社漫画文庫)君だけに輝く (1) (講談社漫画文庫)
(1999/03)
真柴 ひろみ

商品詳細を見る
瞳いっぱいの涙 (1) (講談社漫画文庫)瞳いっぱいの涙 (1) (講談社漫画文庫)
(1998/03)
真柴 ひろみ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
*
○2011/04/05○
少女マンガってグッっとくるの多くて好きやわ―(*´ω`*)♪
いい感じにダイジェストっぽいよーw
核心には触れずに興味を持たせるような説明だとおもいまする(≧艸≦)
本屋さんで探してみようかなぁ(´¬`)
[ 編集 ]
○2011/04/05○
すっごいキュンキュンですよー!優しい気持ちになる作品でした!
そういってもらえてうれしいー!これからも書くのがんばっていきます☆
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL


プロフィール

水野らむね(炭酸水?)

Author:水野らむね(炭酸水?)
プラネタリウムでのお昼寝がプチ贅沢。
声でやってみたいことがいっぱいです。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。